住宅ローンは慎重に

住宅ローンは慎重に

ローンの商品と言えば、前回の記事で少し、ご紹介を致しましたが。住宅ローンというのも非常に使う機会の多いローンとなります。
この住宅ローンという商品に関しては、本当はあまり組まない方がいいというのが僕の持論です。なぜならば現代の経済状況に対してあまりにも住宅をローンで買うというのはリスクが高いからです。この住宅ローンというのは終身雇用という日本独特の風習があったからこそ成立する物だという風に思います。

現在の様な終身雇用が崩壊してしまった世の中では、収入の移り変わりなど全く持って預言できないでしょう。それを無理して住宅ローンを組んでしまうと、必ず大変な事になります。住宅ローンに関しては、相当のリスクヘッジをかけても余りあるという風に私は考えております。

近年、ニュースを騒がせたサブプライムローンは他人事ではないのです。私達日本に於いても全く同じことが起きる可能性があります。日本の住宅ローンがもしも飛んでしまったら、経済はとんでもない状態になるでしょう。

住宅ローンを組む際には、絶対に慎重に行ってください。これはローンに詳しい私からの本当の進言であるという事を十分にご理解ください。それ程のリスクを住宅ローンは持っています。

copyright(C)ローンで決まる?人生の分かれ道